WordPress5 + Gutenberg(グーテンベルク)

WordPress5 がリリースされてましたね。(ちょっと前だけど)
2019年6月17日現在、最新版はWordPress 5.2.1 のようです。

新しいもの好きのわたくしは早速インストールしてみました。
一番の違いはエディターのGutenberg(グーテンベルク)でしょうか。
「ブロックエディター」と言うらしく、たしかに今までと使い勝手が違います。
でもまぁ、これは慣れかな?

慣れるのがいやなら今までのようなスタイルにも戻せます。
「Classic Editor」というプラグインを使えば可能です。
ちょっとやってみたけど、だいたい以前の通りみたい。

まぁそんなに日常的に使うわけじゃないし、ぼちぼち慣れるだろう、
と思ってWordPress5のままテーマは今まで同様「twenty Seventeen」を使っていたところ、気づいてしまった!

あれ?投稿一覧ページ(抜粋表示)から各投稿ページに飛ばなくなってる!

いろいろ調べても、なかなか解決しませんでした。
抜粋表示をやめればちゃんと投稿が表示されるようになるけど、一覧ページがあんなにダラダラ続いちゃ読みにくいし、そもそも全文表示だったら各ページに飛ばす意味がないじゃないか!

ググったいくつかの方法でやってみたけど、抜粋表示にすると投稿ページに飛ばなくなる。(というか飛び先の投稿ページも抜粋表示になってる。)

抜粋表示をやめるとちゃんと投稿ページが表示されるようになるけど、一覧ページが全文表示になる…
しばらく堂々巡りをしてましたら、やっと解決方法にたどり着きました。

index.phpのみ親テーマからコピーし、46行目あたりの
get_template_part( ‘template-parts/post/content’, get_post_format() ); を
get_template_part( ‘template-parts/post/content’, ‘excerpt’ ); に修正。
合わせて以下のサイトを参考に、サムネールを追加。
https://def-4.com/twentyseventeen-archive-excerpt/

という方法で解決しました。

結局コードをいじらないとダメなのね。

同時に公式テーマとして発表されていた「Twenty Nineteen」。
ちょとみた感じ良さそうなんだけど、とはいえだいぶ弄らないと形にならなさそうなので、しばらくは勉強です。
いろいろ調べて、いつか「Twenty Nineteen」に乗り換えたいです。

新しいもの好きだから。